Dec
14
三軒茶屋 Bangkok
脳内気温が未だすくすくとバンコク熱波を醸しているのに、日本のこの突起状寒波はなんなのでしょうか。白けます
ですので、ハートに蒸れを盛るために、三軒茶屋のリトルバンコクでアライマリと猫になってまいりました
そうするとその200m 圏内では、F.O.H のユタカくんが KOHEIくんたちにお誕生日を祝われているという偶然があり、われわれメス猫二匹はそちらへも勿論のダイブをし、実証。
女が猫になろうとする夜の必要

RIMG01820.JPG

RIMG01850.JPG

RIMG0186.JPG

RIMG01830.JPG

RIMG0190.JPG

RIMG0199.JPG

RIMG0198.JPG

RIMG0081.JPG

RIMG0217.JPG

  Permalink | 2010⁄12⁄14 | 1:12 AM
Dec
12
SHOOTING
わたしの二枚目のアルバム、ROOTSのジャケット写真などを撮ってくださっている写真家の八島崇さんに写真を撮っていただきました。
場所は渋谷の某HOTEL
夕刻の密室に男女が一羽ずつ静かに存在をしている。といった色っぽいあんばいです
八島さんありがとうございました
仕上がりを楽しみにしていまーす

RIMG02040.JPG

RIMG020300.JPG

RIMG020080.JPG

RIMG02070.JPG

RIMG02069.JPG

  Permalink | 2010⁄12⁄12 | 10:46 PM
Nov
26
TOKYO Drawing
渋谷のリブロ書店で行われたタムくんのドローイングへ行ってまいりました
壇上のタムくんが、向かいあうギャラリーの面々をマーカーで描くという流暢な企画で、ためらわない鮮やかなペンさばきは、さすがでした

RIMG00130.JPG

RIMG00110.JPG

RIMG00060.JPG

RIMG00090.JPG

RIMG00070.JPG

RIMG0003.JPG

  Permalink | 2010⁄11⁄26 | 3:33 AM
Nov
25
everybodyeverything
みなさま今晩は
すいぶんと日常に寒気が侵入してまいりましたね。こうなると小部屋に籠るのがいちばん平和な環境だといえますね
そんな秋の小部屋にぴったしの読み物があります。
まえにも記しました、タイのタムくん作品です
タムくんを読んで
あなたもぼんやり
ひと休みひと休み

everybodyeverything3.JPG

everybodyeverything2.JPG

everybodyeverything.JPG

  Permalink | 2010⁄11⁄25 | 3:15 AM
Oct
28
ShimanoMomoe 2010 LIVE at SHIBUYA PLUG
おはようございます
ゆうべ渋谷PLUGへいらして下さった皆さまありがとうございました
わたしの視力には、まだまだ極上な色彩が満ち満ちてあります
KOHEIくんありがとう。
アライマリ、9、KONくんや千晴、DJサンコンさんハルーンさん、MAMAさん
ありがとうございました
そしてあなた、来場いただいたあなたへ
最重の愛をここに謹上いたします



20101009056.JPG

2010100955.JPG

RIMG0014.JPG

RIMG0028.JPG

RIMG0025.JPG

RIMG0108.JPG

  Permalink | 2010⁄10⁄28 | 9:24 AM
Sep
28
かも
51nkrKGZYyL._SS500_.jpg

KREVAの新曲「かも」を聴きました。
始終
彼らしい香臭がぷんぷんとまぶされてあり、彼らしいというのは、これはわたしの印象ですが、奥まったセンチメンタルなふちの心情を、必ず手放さないように故意の技として変換をし厭らしく所持している部分が正しく広がってあって、それがわたしにとっての彼らしい香臭を指すわけですが
歌として音階をとって歌っている部分がめっきり増量されてあり、
歌だってやはり上手なのですね
Pony Canyonから絶賛発売中ですので、みなさまも是非


  Permalink | 2010⁄9⁄28 | 4:55 AM
Jul
17
帰国

RIMG0412.JPG

RIMG0399.JPG


RIMG0406.JPG


RIMG0015.JPG

RIMG0323.JPG


RIMG0184.JPG

RIMG0326.JPG

帰国です。
素直にさみしいと思うのは、ヴァニラのせいです
どうやって喰べればいいのかまるでわからないホテルからの朝食フルーツを眺めながら、それでも空港へ向かわなくてはならない進行方向。このもどかしさが余計にバンコクの景色を愛おしく広げてしまうのです
それだって飛行機に乗って五時間三十分、注意の通りタバコも堪えて無口に帰国

  Permalink | 2010⁄7⁄17 | 2:03 AM
Jul
15
按摩師
バンコクは煙雨
そしてわたしの烈しいパトスは、篠突く雨模様です。どうしましょう
現在時点で棲みつきたいとの希みはありませんが、離れたくない都市ですここは悩ましいヴァニラに溢れているのです。
きょうもタイのヴァニラに出合いました
そのヴァニラは、按摩師でした
雨をしのぐ為にホテルまで傘のあるRachaprapop Rd.の商店街をそのままに歩行していると、通り沿いの小さなマッサージ店のまえにその男は直立をしていました。
その脇を静かに通過した途端、男からスロウなヴァニラが香ったのでわたしは振りかえり、目が合い、そうするとわれわれは自然に二三英語で挨拶を交わしたのち、どこか拾い喰いにも似た衝動のままにそのお店へと入店をしたのです。そしてわたしは男にマッサージをされました。二時間四十五分されました
言葉が通じないという窮屈はとても共通分母がみえやすく、即ちわたしと男の共通分母は躰と躰の接触のみであって、逸楽のみであって、どうしてわたしはこの男に色々とされて気持ちがよいのかと、さいちゅう幾度も幾度も自問したのですが未だよくわからずに放心のまま
言葉の一切が野暮になってしまう世界などつまらないとそう信じてきましたが、そうとも限らないのかも知れず、予感もなく出合うものなのですね。新鮮の境地です

RIMG0349.JPG

RIMG0351.JPG



RIMG0337.JPG


  Permalink | 2010⁄7⁄15 | 5:48 AM
Jul
13
魚鱗懸カリ
別段ナーヴァスな胃腸持ちだというわけではありませんが、魚。こちらの魚はどうも駄目で、正面から食する勇気がまだありません
だって、この見た目

RIMG0161.JPG

RIMG0160.JPG

RIMG0159.JPG

  Permalink | 2010⁄7⁄13 | 5:11 PM
Jul
11
Wat Hua Lamphong - meter taxi
サムヤーンから乗ったメータータクシーにボラれました。記念すべき初ボラれです
本来90バーツほどの距離であった筈なのですが、運転手は200バーツを請求(タクシーに乗りこんだ途端に車を発車させ、降りれなくするという荒業かつメーターも入れないという二段がまえ)
これもバンコク名物か。と、なんとなくボッタクリタクシーを受容したまま、目的地 Wat Hua Lamphong に到着した次第であります
寺院は、なんというか例えると陸の軟体動物のようでした。
マイマイのようでした。
色が全体的にクラシカルで、お刺身をのせたら美味しそうにみえるお皿の色彩でした
日本の趣とはまた違った美しさに、充足の溜息。
タクシーの事などは、もう

RIMG0237.JPG

RIMG0239.JPG

RIMG0241.JPG

RIMG0240.JPG


  Permalink | 2010⁄7⁄11 | 9:20 PM
Jul
10
Wat Pho - Saam Roa "Took took"
トゥクトゥク(通称サアムロー)に乗って、ワットポーの巨大な寝釈迦仏を視てまいりました。
仏教で最終境地に入ったことを示す寝釈迦仏だそうですが、大きく寝そべるこの黄金からは、存外な色気などをびんびんと撼じてしまい、よこしまなヴァニラの香りが一帯浮遊をしておりました
それもバンコクに入ってからというもの、この得体のしれぬヴァニラの芳香があちらこちらにばらまかれてあり、というよりも、わたしがヴァニラを強く希んでいて、そのせいですべてにヴァニラが宿ってしまったのか。とにかく毎日わたしは色慾に支配されていて、心がここにありません

RIMG0281.JPG

RIMG0282.JPG

RIMG0286.JPG

RIMG0294.JPG

RIMG0298.JPG

RIMG0265.JPG

RIMG0261.JPG

RIMG0262.JPG

RIMG0273.JPG

RIMG0277.JPG

RIMG0247.JPG

RIMG0248.JPG


  Permalink | 2010⁄7⁄10 | 7:47 AM
Jul
07
唯々諾々
出歩かないというのも過ごし方です
本日唯一の歩行らしい歩行は、ホテル内のレストランまでへの数百歩だけ
橋本はパッタイを(写真下)
わたしは連投で、緑のゲーンを注文(写真上)

そういえば、バンコクへきてからしみじみと思い知ることがあるのですが
以前マツコデラックスさんが「人って、ばい菌が肉体に入るその瞬間にエクスタシーを憾ずる生き物なのよね」とおっしゃっていて、あれはほんとうに名言だなあ、というか、実感するなあ、というか、ぶんぶん首を縦に振ってしまうほどの説得力があると感想するのですよね
男女間に起こる、はしたない行為とはじつに高貴なアトラクションであって、それは、はしたないからこそ優良な快楽を得られるというカラクリがあって、そうなんですよね。まったくの名言デラックスです

RIMG0317.JPG

RIMG0320.JPG

  Permalink | 2010⁄7⁄ 7 | 3:50 AM
Jul
06
Silom - Hair Salon
サラディーンのアウトマーケットを遊覧した帰り路、晩方。
ひと駅先のシーロムまで歩こうと友人橋本とラーマ4世通りを遅々として歩行していると、なにやら視界の奥を桃色にぼかす灯しの広がり。その広がりに吸いよせられるよう、つま先を進めてみると、桃色の得体はヘアーサロンなのでした
サロンの前には、マツコデラックスさんのような安定感を醸すトランスセクシャルな八卦見が門衛のように鎮座しており、興味ぶかげに店内をのぞくわたしにゆっくりと手招きをするので、その手招きがやさしい愛撫のようで、この身の桃色はその先をのぞみ、衝動的に促されるまま入店
髪を切りました。十センチ程
わたしの髪に鋏を入れてくれた黒髪の彼女も、艶やかなトランスセクシャルであって桃色の香餌を始終噴射し、腕も確かで、そうですね。やはりわたしは、そうなのですよね、行き摺りが好きで好きで、きっと迂闊な女なのです

RIMG0144.JPG

RIMG0148.JPG

RIMG0155.JPG

RIMG0157.JPG

  Permalink | 2010⁄7⁄ 6 | 2:25 AM
Jul
05
Siam - Paragon
ホテルのそばのモール、サヤーム・パラゴンへ日用品の買いだしに出かけました
巨大な1階フードコートでは、ドナルド・マクドナルドがサワディーカーのポーズで起立の道化。マーケットエリアの食材は断然日本贔屓のラインナップであり、簡単な日本食の調理には困らぬ模様です
とはいえ、今回はホテル滞在の身。必要なものはプラスティックに梱包された調理済みの総菜やお酒、小さなボトルのシャワージェルや綿棒などであって、とにかく即席なものをいろいろと買い貯えました
それからわたしは買いませんでしたが、こちらのRedBullはものすごーい効き目だそうですよ

RIMG0057.JPG

RIMG0058.JPG

RIMG0064.JPG

RIMG0043.JPG

RIMG0046.JPG

  Permalink | 2010⁄7⁄ 5 | 11:49 PM
Jul
02
Bangkok Art AND Culture Center
RIMG0209.JPG

RIMG0211.JPG

RIMG0210.JPG

RIMG0212.JPG

  Permalink | 2010⁄7⁄ 2 | 10:08 PM
Jul
01
Thailand Bangkok 到着
THAI航空の温和でおいしいサービスに運ばれ、爽快無事故でバンコクに到着しました。
気候は日本とおなじ炎暑です
スワンナプーム国際空港からサイアムのホテルまで、まえもってお願いをしておいた車で移動。運転手の紳士と、つたない英語でおしゃべりをしながら車窓を流れる異国の景色にすっかり惚れぼれ


RIMG0001.JPG

RIMG0034.JPG

RIMG0030.JPG

RIMG0036.JPG

RIMG0037.JPG



  Permalink | 2010⁄7⁄ 1 | 11:27 PM
Jul
01
NEW AMERYKAH Part Two : Return Of The Ankh
  Permalink | 2010⁄7⁄ 1 | 3:09 AM
Feb
13
CAT EYES
旅のおともに新しいアイマスクを買ったのですがこのキャットアイ
もっと個性的で贅沢な使いみちがありそう

20100312787.jpg

20100312780.jpg


cateyesnooze.jpg




  Permalink | 2010⁄2⁄13 | 4:30 AM
Jan
11
Tobacco Candy iTunes 配信スタート
お待たせいたしました
いよいよTobacco Candy の "Tobacco Candy EP"、iTunesで配信はじまりました
収録は全4曲です。
ぜひとも聴いてくださいね

TCJ.jpg




 

  Permalink | 2010⁄1⁄11 | 3:20 AM
 
monoFREESOULmoe.jpg  
 
TOP