Mar
31
Thailand Bangkok - แล้วเจอกันน่ะ
わずか六日間のバンコク紀行を、だらりだらりと記してまいりましたが潮時です。
 (バンコクの記憶を巡っていると、セロトニンがざぶざぶ分泌されて気持ちがよいので、つい)
それでいったい百恵はこんかいのバンコックで何を獲得したのさ? と改めて問われれば、それはずばり現地在住日本人の方々との芳醇な邂逅。これに尽きるわけで
心優しいおじさま山ちゃん、才幹すぐれた漫画家佐野エチケット、とても繊細だけれど心豊かなクリエイターのKEN、ディズニーはティンカー・ベルでいうところの水の妖精シルバーミスト的ベリーダンサーのマーサちゃん、愉快な痴話をたくさん聞かせてくれた中性族のMr.タケシン、そして慣れない外出につき添ってくれていたMEKくん
バンコクで逞しく生きている彼等の庇護のもと、わたしはふかふかの白米にくるまれたような心地よさで六日間を過ごす事ができました。ほんとうにありがとう皆さま大好きです近くまたゆきます
それから急な申し出にもかかわらず、バンコク行きを許容してくださった方々へも心からの感謝を。近くまたゆきますが......!
また、現地の方々を紹介してくれたTOMOTH。ありがとう (写真はTOMOTHが撮った、MEKくんのタイマネーぎっしりのお財布)

日本には四季というたおやかな美しさがありますが、常夏の国タイにはマンゴーカラーと黄金の中間色のようなまばゆい一筋の強さが、そこかしこに輝ってあります
人生は短いもの。
何色を溶解させ、どんな景色の中で生きてゆくか。それはすべて、われわれ次第

IMG_08590.jpg
  2013⁄3⁄31 | 11:58 PM
TOP