Sep
24
KYOTO 先斗町から、八坂さん
IMG_00044.JPG


IMG_00043.JPG


IMG_00042.JPG
お茶屋さんが立ち並ぶ細道、先斗町。いつ来てもとても心地のよいシンプルな構造。徹底的に優美な色ごとについておもっている町


IMG_00041.JPG
錦市場の「たこたまご」なる、おばんざい。たこの頭にうずら卵が入っている。よき赤やのう




IMG_00040.JPG


IMG_00039.JPG
藤山直美さんのお名前が神々しい八坂神社の絵馬堂。



IMG_00038.JPG


IMG_00037.JPG


IMG_00036.JPG


八坂さん内の疫神社。手を合わせながら、さまざまなことを願う






  Permalink | 2017⁄9⁄24 | 3:11 AM
Sep
19
京都祇園。草間彌生「My Soul Forever 展」

処暑のころ。ベトナムハノイから向かったのは、京都の祇園フォーエバー現代美術館でした
これまでの過去十年間にさまざまな場所で催された草間彌生を何度も目撃してきましたが、この祇園にたたずむ彼女のようすは、晴れがましく、描かれた南瓜や水の玉を眺めていると、眺めているだけで、体の中心が切なくなるものでした。あんまり切なくて、体から出せる液体すべてを出してしまいたくなるような、そんなヒリヒリと痛く甘い香りのする感覚でした


IMG_00035.JPG


IMG_00034.JPG


IMG_00033.JPG



IMG_00032.JPG

IMG_00031.JPG
「私の魂を乗せてゆくボート」草間彌生  (1989)
草間彌生作品に多く登場する形状、突起したパッチワーク群。すんばらしい

この秋、東京は新宿区弁天町に草間彌生美術館が開館します





  Permalink | 2017⁄9⁄19 | 2:54 AM
Sep
05
お別れの Hà Nội
快適な空の旅を提供してくれたベトナム航空。また利用をしたいな


IMG_00028.JPG

IMG_00027.JPG
最後の夜を『La Terrasse』にて。再三のシンガポールスリングをまた



IMG_00026.JPG
毎夕の散歩をたのしんだホアンキエム湖。たくさんの人々がこの湖畔へ寄り添うように生活をしている


IMG_00025.JPG
旧市街で見つけたベトT



IMG_00024.JPG

IMG_00023.JPG
世の花でいちばんに好きな蓮の花の束。蓮を国花としているベトナムでは、街のそちらこちらにこうして美しい





  Permalink | 2017⁄9⁄ 5 | 2:21 AM
Aug
31
水ぎわの Hà Nội

IMG_00022.JPG


IMG_00021.JPG


IMG_00020.JPG


IMG_00019.JPG


IMG_00018.JPG
曇天のもと、ホテルのプールサイドへ。大好物シンガポールスリングとナッツやオリーブ、ドライフルーツなどを咀嚼しながら酔いどれ。音楽のこと、会いたいひとのことや会えないひとのこと、色々なことをふんわりと真剣におもう


IMG_00017.JPG
ハイビスカスってハワイのものだと決めつけていたけれど、ハノイにも美しくタフな横顔のハイビスカスがたくさん





  Permalink | 2017⁄8⁄31 | 11:40 PM
Aug
29
真夏のHà Nội へ
八月のベトナムが雨季なのは知っていたけれど、やはりこんなにも毎日々々シトシトとやられてしまうと、まったりというか、ぐったりというか、降りやまぬ雨を見つめながら昼も夜も街で湖畔でホテルでホテルのプールでお酒がすすむばかりの一週間未満なハノイ滞在になりました

けれど十年越しに恋い焦がれたベトナムの地。最高にたのしかったには違いはないのです

IMG_00016.JPG
旧市街と呼ばれるエリアにはたくさんのアートギャラリーがあり、素敵な絵画が廉価で手に入ります


IMG_00015.JPG
ハノイでいちばん大きな教会、セントジョセフ教会。このエリアはスリが多いので警戒しながらの歩行を



IMG_00014.JPG


IMG_00013.JPG
今回宿泊をしたホテル。先日のシンガポールで滞在したホテルが素晴らしかったので、おなじ系列のホテルに


IMG_00012.JPG
毎朝毎晩「ボンジュール マダム」と声をかけてくれたホテルのドアマン。フランス系のホテルということもあって、従業員からの声がけはすべてフランス語。ちなみにハノイでは発音の悪い英語はまったく通じませんでした



IMG_00011.JPG
ベトナムのお金、ドン紙幣。デザインはホーチミン主席のみの展開でコインはなし。物価はとにかく安いけれど、口頭でのやりとりが中心である市場ではもちろんのことコンビニエンスストアでもぼんやりしていると店員にボラれるので注意



IMG_00010.jpg
ホテルの朝食。フォーや中国粥、ドラゴンフルーツなどが清潔かつ美味、そしてベトナムコーヒーが実においしかった



IMG_00009.JPG
コロニアルスタイルの極楽部屋に到着。クラシカルな天井模様に心を鷲掴まれ


IMG_00008.JPG

IMG_00007.JPG

IMG_00006.JPG


IMG_00005.JPG
ホテル内。まん丸な灯りのデザインや天井までへの抜け、絨毯のカラーや柄までが絶妙なバランスで保たれている




IMG_00004.JPG
いつも旅行をする場合。いくつかの靴をスーツケースに詰めこむのだけれど、履くのはいつも一足だけよな










  Permalink | 2017⁄8⁄29 | 2:22 AM
Aug
14
九月、歌唱予告
今晩は、みなみなさま。灼熱の八月をいかがお過ごしですか
わたし歌います

2017
9/30 Saturday

Groovin' Fruits Vo.4

Special Guest Live :
嶋野百恵

Guest DJ:
SAS

DJ : 
ICE
HALOON
INO-C
Mappy (Hardheaded)
Yacheemi
Reiko(Juicy)
and more

DOOR 16:00 - 22:00
¥2,500 (1D)
w / Flyer
¥2,000 (1D)



ぜひともお運びくださいね。
あなたのお越しを心よりお待ちしております






  Permalink | 2017⁄8⁄14 | 4:06 AM
Jul
08
京都青蓮院は、雨。
恋の気配にむせかえるこんな小暑。みなさまいかがお過ごしですか
わたしは人生で七度目になるお引越しをまずまずに終えて、京都。青蓮院にきています
現状住まいが東京になってしまった身としては、最愛の都市である京都へどのような用向きであろうとも行進できる理由があればいつだって即出発をしたいというのが本音なのですが、そんな中、知人の京都在住作文家がわたしを呼びつけてくれたので二泊。今週、幸運の京都滞在がかなったわけです。そしてわれわれが向かった青蓮院が素晴らしかった
以前この日記にも記録をしましたが、ロック黎明期を駆けぬけた木村英輝氏の襖絵をはじめ、その統一と調和が素晴らしくスマートである庭園のグリーンと石や池の連続性、そして院内をただよう独特の湿り気など。ともすれば出口を見失ってしまいそうになる潤沢な空間にわたしはしばらくじっと動けずにいました

らい週には帰ります

IMG201707077.JPG


IMG201707074.JPG

IMG201707075.JPG


IMG201707079.JPG

IMG201707073.JPG

IMG201707072.jpg

IMG201707071 .JPG










  Permalink | 2017⁄7⁄ 8 | 10:55 PM
Jun
08
三宿Web23周年&申し訳20周年記念夜会

IMG_990900.JPG

みなさま今晩は
せん週末「三宿Web23周年&申し訳20周年記念特別企画」の夜会へご来場くださった方々、出演者各位、関係者さま。短い夜でしたがお付きあいくださってありがとうございました
あなたと繋がれているたまらなさにすっかりと惑溺した一夜になり、その余韻は未だわたしに食い込まれたままです

IMG_0582365.JPG
デビュー間もなき頃から可愛がってくださっているミッツィーさん。ひさしぶりの再会でしたが、やっぱり永遠にだいすきなジェントル

IMG_0778889.JPG
お寝坊の掟ポルシェさんが会場に到着 (ミッツィーさんのお写真拝借しました。なにこのいい写真)


IMG_058278.JPG

わたしのバックDJを務めてくれている (TEL_YEE) くん。たのしそう


IMG_058509900.JPG
てるいくんが撮ってくれた宇多丸士郎くんとの一枚。もう二十年以上になりますが、たくさんの話をいつも優しい相槌できいてくれて士郎くんありがとうほんとうにだいすき


IMG_05835090.jpg

IMG_0583298.jpg
申し訳ナイトには何度も呼んでいただいているのですが、掟さんと向かい合ってお話するのは今回が初めて。とっても素敵な方でした


そしてさかのぼり、「申し訳ナイト」一週まえの紀尾井町へ臨場くださった皆さまありがとうございました。たくさんの新たな出会いに胸たかぶらせながら、ひさしぶりに会えたTobacco Candyのトモカと大泣きしながらも朝まで女ふたりで酔っぱらいになれたことがとても幸せだった。トモカありがとう。そしてKOHEI JAPAN、HALOONくんにも揺るがない感謝を

やっぱり音楽はやめられない



  Permalink | 2017⁄6⁄ 8 | 2:47 AM
May
17
歌会のお誘いを、ふたつ

今晩はみなさま
小満のそば。それぞれの真夜中をどのようにお過ごしですか
人生をうまく転がしていらっしゃいますか
わたし歌います。
五月三十一日をまたいで、ふたつの歌会で歌います
ひとつ目のアダルトな歌会には、朋友のラップ人がゲスト出演の予定。ぬれ煎餅のようなしっとりとしたセットリストを、と思っています。
そしてふたつ目の真夜中の歌会では、四年ぶりに「申し訳ないと」のだいすきな面々に会える。嬉しいな。もれなくお酒をしこたま飲み、溺れるのだろうなわたし
ぜひともいらしてくださいね
各会場で、あなたのお越しを心よりお待ちしております


2017
6/3 Saturday

MISHUKU GOLDRUSH 23
[元・申し訳ないと@三宿Web ]
~三宿Web23周年&(有)申し訳20周年記念特別企画~

-元・申し訳ナイタズ-
元・ミッツィー申し訳 (現・Michelle Sorry)
元・宇多丸申し訳Jr. (RHYMESTER)

元・ギュウゾウ申し訳Jr. (電撃ネットワーク)
元・掟ポルシェ申し訳Jr. (ロマンポルシェ。)
元・GEE申し訳Jr. (GTS)
元・刑申し訳baby's
元・MAMEMONTA申し訳EGG
元・TEL-YEE申し訳EGG

-GUEST-
嶋野百恵
脇田もなり

お問い合わせ
三宿Web  [ http://www.m-web.tv/ ]
¥2,500 (1D)
OPEN/23:00~




2017
5/27 Saturday


Guest Live :
嶋野百恵

Guest DJ:
HARUKI

DJ :
SHINYA
U-YA
Larry
HALOON
JUN
Honey
DAYZ

OPEN 17:00 - CLOSE 23:00 (L/O 22:00)
¥3,000
w / 1Drink,Dry Snacks 

お問い合わせ






  Permalink | 2017⁄5⁄17 | 2:02 AM
Apr
07
目黒川へ桜見

週末、東京は雨だそうなのできょう目黒川の桜を遊覧にいってまいりました
池尻大橋のつけ根から目黒の東山を経由し、中目黒までへ正確な美しさが延びるさま。八百本の桜を連続的にうっとりと眺めていると、つい心が油断をしてキリンジの音楽が流れだすのです「Drifter

RIMG_8899.JPG

RIMG_88870.JPG

RIMG_88980.JPG






  Permalink | 2017⁄4⁄ 7 | 2:17 AM
Mar
27
韓国へ。女ばかりでまたきます


RIMG_89230.JPG

RIMG_89207.JPG

IMG_8934.JPG

RIMG_89979.JPG
機内誌は海外旅行のたのしみのひとつ。免税品の冊子をペラペラ繰るのもたのしいよね


RIMG_89570.JPG
舌の肥えた美食家は機内食に手をつけないことが殆どだそうですが、おいしいまずいをこえた「機内食ってたのしいよね」を選ぶわたしにとっては豊かな時間



RIMG_896008.JPG


RING_89979.JPG

RING_89988.JPG
同行したアライマリの愛娘サラン二歳が仁川国際空港でわたしを撮ってくれた二枚。ぶれているけれどとっても愛らしいぶれ


今回は定番の唐辛子グルメと、女ばかりで深夜にベットでごろつきながら(JINROをのみのみ)さまざまな人生の吐露をしあう目的の韓国でしたが、やっぱりたのしいものですね女ばかりの韓国は。またきます必ずに




  Permalink | 2017⁄3⁄27 | 2:42 AM
Mar
25
韓国へ。魚河岸のようすがすき

RING_899799.JPG


RIMG_89975.JPG


こんばんは皆さま
清々しい春がすぐそこまで近づいていますが、ご機嫌の方向はいかがされていますか
わたしはすこしまえになりますが、韓国のソウルに滞在をしていた数日間のことを思いかえしています。とくに仁川国際空港ショッピングモールの魚売り場の光景。上の写真なのですが、魚たちがハンガーにかけられているようすが視界にとても心地よく、同行をしていたアライマリとともに興奮をしながら、なぜかジブリの名作「千と千尋の神隠し」のワンシーンのような印象もあり、また、村上春樹氏の「海辺のカフカ」でも天からイワシやアジなどが降ってくるあのエレクト可能なシーンのことも重ね見え、残酷性に含有された快音の妙からわたしはまだまだ離れることができないままでいます





  Permalink | 2017⁄3⁄25 | 2:20 AM
Mar
11
ふりかえり。LIBROの風光る夜だったこと

たのしい拾い食いを続けていたら、もう春分
今晩はみなさま。
いかがお過ごしですか
春ってなんだかいいものですね。過剰なものがあまりなく、梅桃桜がピンクを広げる
ことしも目黒川のソメイヨシノから目黒雅叙園のしだれ桜までを遊覧するのがとてもたのしみで、そうなると「焼鶏あきら」にはかならず立ち寄りたい。そしてほろ酔いたい。そのあと契りがあるかも知れない相手と酌み交わす色付きのお酒。いまから春のその夜が待ち遠しいものなのです
そしてぼんやりと昨年のことを思っています
常々アップしようと用意はしてある催事ごとでの写真のアップし忘れが慢性化をしてかれこれ数年がたち、時差はありましたが昨年のふりかえり。八月に新宿で大盛況だったLIBROの「風光る」イベントの模様をここで。ご来場くださったみなさま有難うございました
盛大にたのしい夜でした

IMG_18895.JPG

IMG_18894.JPG
LIBROとPUNPEEの図。この二枚のこのふたり、毛並みのいい才能がふた粒


IMG_8892990.JPG
お初にお目にかかります。左が、こうばしい温もりにあふれていた小林勝行くん、そして右は極彩色のダース


IMG_8890.JPG
楽屋でドーナッツを頬ばるDJ BAKUくん (癒)



IMG_8889.JPG
ミスタージェントルのTOZAONEさんとLIBRO、そしてダース。LIBROがとってもたのしそう



IMG_10090.JPG

IMG_4389.JPG
上はとても相性がよい印象のLIBROとMC漢くんの登壇
下はダースとわたしでLIBROをかこんで一夜限りの青い三角定規。わたしの出来心につきあってくれたダースはとっても優男






  Permalink | 2017⁄3⁄11 | 2:19 AM
Feb
21
再见 SINGAPORE

RIMG_26762.JPG

RIMG_267544.JPG

RIMG_44489.JPG

RIMG_3389556.JPG

RIMG_33906777.JPG


RIMG_3339.jpg


ひと月以上の滞在は叶いませんでしたが、とても肌心地のいい都でしたシンガポール。
アルミホイルを奥歯で噛んだときのしびれ、ガルバニック電流なみに伝わってくるものが過剰なようでいて、身や心へそれがしゅんわりと染みわたってくることをおもわず許可してしまうアメージングな魅力、色っぽさ
幸福な時間をいつかまたここへふたたび。

写真はこんかい初搭乗したシンガポール航空の数ショットですが、とてもとても快適な空間で、CAさんの彼女もとってもチャーミング。不手際のない世界に慣れていないわたしにとってはまぶしすぎる居心地でした

マー達。またくるから待っていて
それまでグッバイマー




  Permalink | 2017⁄2⁄21 | 12:17 AM
Feb
14
そしてマー。SINGAPORE

RIMG_2868556.JPG
明るい北朝鮮。シンガポールにはマーライオンが七頭以上いるそうですが、こちらはいちばんに会いたかったマリーナ地区のマー



RIMG_4327021.JPG

RIMG_4327011.JPG
シンガポールの街に点在するビーフジャーキーブランド「BEE CHENG HIANG 」のお店。おみやげに人気




RIMG_14028.JPG

RIMG_40271.JPG
念願のガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。人工と自然の融合との解説がありますが、なんというかものすごく毒々しいゆがみを感じました (心)



RIMG_13984.JPG
マー型のお菓子がいっぱいでたのしい





RIMG_3183223.JPG
柄にもなく滞在ホテルのプールサイドバーにてアルコールを頂戴しました。たのしみにしていた本家のシンガポール・スリングはフルーティーで妖艶な舌ざわり


RIMG_2373330.JPG

RIMG_3980560.JPG

RIMG_33613255.JPG
一世一代の大バカンスですもの。おもいきって半入水を






  Permalink | 2017⁄2⁄14 | 2:16 AM
Feb
01
二〇一七 新年快樂 SINGAPORE

RIMG_3407010.jpg


みなさまあけましておめでとうございます
ぼんやりとしているあいだにもう二月
昨年もところどころにして鮮やかな出来事へと誘導くださった方々ありがとうございました
人生は短いようでながいもの。本年も破格のおもいやりで反応しあえれば幸いです

そしてわたしはふた月まえ、ため息がこぼれるほどのアジア。シンガポールへいってまいりました
何年かまえに teamLabの猪子寿之さんが、シンガポールは面白い博物館や植物園など日本とは一味ちがった感性であふれているとテレビで紹介をされていて、こ、これは! と魂のふるえをおぼえ、おぼえたからには行くしかないといったあんばいで、念願の地へようやく着陸がかなったわけです。始終が至福のときでした

上の写真は、かつて修道院であった建設物 CHIJMES(チャイムス)の神秘的なステンドグラス。色みがこのみで美しい



RIMG0250.JPG

IMG_30864.JPG

RIMG02570.JPG

RIMG_27770.jpg
こんかい滞在をしたホテルの名物ドアマン、ナラジャン。おいしいお店をたくさんガイドしてくださった



RIMG_296107.JPG

RIMG_296009.JPG
全体が上質な白、白、グリーン、そして磨きあげられたアンティーク、の連続で、ホテル内は大きなお城のような構成



RIMG_13049.jpg

RIMG_303211.jpg
貝殻ビキニでおなじみの武田久美子さんが「赤い食材」は女をあげる。と熱弁されていたのを思いだし、赤を意識して選抜したホテルの朝食
上の写真は笑顔が素敵なウエイターのカールくん。毎朝マイルドなサービスを提供してくださいました


IMG_3027.jpg

ホテルの名物カヤジャム。おみやげにたくさん


IMG_34305.jpg
かつてホテルに宿泊したマイケルジャクソンやチャップリンなど著名人の写真がずらりと展示されてありました。日本のお蕎麦屋さんなどにもよく芸能人のサインなんかが貼り付けてあるけれど、こんなふうに写真にすればぐっと雰囲気がでるのに



IMG_283112.jpg
シンガポールのお金、シンガポールドル。紙幣の肖像画はシンガポール初代大統領のみの展開。物価はもしかしたら東京よりも高いのかも


RIMG_32381.jpg

RIMG_310009.JPG

RIMG_2825445.JPG
ホテル内。おもわず息を呑むまばゆいシャンデリアの数々。最近インテリア本などで話題のシャンデリアですが、カタログに紹介してあったすべてを見てまわれなかったことだけが心残り


RIMG_3239.JPG
十年以上まえに買ったサンダルが今回シンガポールのお供に。生産地がイタリアの履き物。これはカットも縫合もきっちりとしたお仕事がしてあって、おのずとつき合いが長くなる





  Permalink | 2017⁄2⁄ 1 | 4:05 PM
TOP