May
02
春肴
うららかな春の五月は、いよいよ平成から令和へと交代のスタンス

こんにちは皆さま
いかがお過ごしですか
最近のわたしは、食いしん坊の虫が騒ぎ、とにかく美味しいものをこしらえること。そして食べること。食べ歩くことが、日々のたのしみのメーンになっており、食べたそばから、さて次はなにを食べようかしらと、舌舐めずりをする始末。たとえばいまだと、格段に美味しい春あさりの酒蒸しや、塩茹でをした湯気たつそら豆。焼筍の山椒和えなんかも捨てがたく、ホタルイカだって酢味噌でいただきたい
最高ですよね、春の旬
そしてその手の旬ものは意外と調理がシンプルなので、手早く自作し、お気に入りの器に盛ってお酒をやりながら、ゆるりと食する。これがほんとうに愉しくて仕方がない。気の合う方とのおしゃべりがあれば、なお最高。これぞ大人の遊戯、といったら大げさだろうか。それでもやっぱり、やめられない
また、外で頂戴する食事もまぎれもなく素晴らしいお楽しみであり、このひとのそばにいると必ず美味しいものが舌にのる、という強い食運の持ち主がわたしの周りには数名いて、この一、二年だと恵比寿のMASA'S KITCHENでいただいたフカヒレの姿煮がとてもよかった。ここは、飲み友だちの若さん(最高に紳士) に連れられていった中国料理店だったけど、人生で初めて食べるフカヒレが「溶ける」という食感のループであったので、ほんとうに驚いてしまって、翌日の午前中もまだすこしフカヒレのことを考えているほどの感動の引きづりを経験。とても美味しかった。そしてそれから冴えざえとした抜群の中野の呑み屋さんや代々木のおでん屋さん他で、しこたまのお酒と数々の美味珍味をご馳走してくれた宇多丸士郎くんは、断トツに食のセンスもよく、結局はそこなんですよね、センス問題。
意識的に美味しいものを食することって、生命に直結しているTHE 快事という気がするし、なにより空腹ある限り誰にだっておとずれるエレクトチャンス。すげなくするなど勿体ない
お高いお手ごろ関係なく、センスのある食事をいただきとうございます
そんな流れで「きのう何食べた?」も、たのしく拝見
さて今日は何を食べようかしら

IMG_2019025.JPG
きのうの夕餉。玄米、酢人参、瓜、小松菜とお揚げさん、ほうれん草の浸し、お味噌汁、だし醤油、鰤がメインの刺身




  Permalink | 2019⁄5⁄ 2 | 4:05 PM
Apr
04
令和

IMG_2019024.JPG
「令和」の時代へ、五月から。
いい名だ悪い名だ、の論争はどうだっていいよね
戦争のない時代になりますように



  Permalink | 2019⁄4⁄ 4 | 2:26 AM
Mar
24
胸さわぎの春色
新元号の発表をまえに、日本がとても賑やかです。
お元気ですか
みなさま
花粉に毎日を毒されている方、わたしはまだまだ花粉症を患うには達していませんが、いつ何時そうなってしまうかわからないのが人生ですもの。仲間になった暁にはどうかよろしくお願いいたします

最近のわたしは、歌についてもそうなのですが、文章の企画や催事ごとのアイデアなどについて思う際に、必ずしも自分が主役である必要はないなあ、と、いやむしろ、主役でない方がうんと好ましい。と、絶対的な快音重視型へ傾向している節があり、どなたが歌ってらしても踊ってらしても、しびれる作品にわたしの感覚を編み込むことができれば、それはとてもわたしの気分に添っているなあ、という塩梅でいるのです。とはいえ、嶋野百恵の「531」から「Roots」「Girls Voice Studio 11」までをふと歌ってみたりすると、このプロデューサーはやっぱり素晴らしいな。このアレンジ最高。と、興奮がぶりかえすこともしばしばで、そんな日は、嶋野百恵名義で真新しいものを皆様に再度差し出したいとの願望がやまなくなることも繰り返しあり、まったくどうにも困ったものですな


IMG_2019023.JPG


わたしのさまざまなアイデアを具現化させるために動いてくれている友人タムチン(右)と、こちらもアイデアの交換や提案、ゴシップ与太話など。共存をしていてとても快適な才女・渡辺志保ちゃん(左)と、大人の会合



  Permalink | 2019⁄3⁄24 | 11:11 PM
Mar
13
途方もなく、夜が恋しい。





  Permalink | 2019⁄3⁄13 | 4:13 AM
Feb
12
続く。バンコク

IMG_2019021.JPG
バンコク滞在中に開催されていたBABを遊覧




IMG_2019019.JPG


IMG_2019018.JPG
ワットポーやアルンを尻目にチャオプラヤ川に揺られ、目的のスパトラ・リバーハウスで透明のトムヤムクンに舌鼓を打つ




IMG_2019017.JPG


IMG_2019016.JPG


IMG_2019015.JPG


IMG_2019014.JPG
滞在のあいだ、かなりの時間をかけてゴロついたホテルの中庭とプールハウス。快適



IMG_2019013.JPG
もっちもち、ぷりぷりの蓮つぼみ。わたしの感覚ではこの状態が一番に美しい





  Permalink | 2019⁄2⁄12 | 11:39 PM
Jan
27
六年ぶりのバンコクへ

IMG_2019012.JPG


IMG_2019011.JPG

IMG_2019010.JPG



IMG_2019009.JPG

IMG_2019008.JPG
滞在中、何度かいただいたルームサービスのガパオ。お上品なフレイバーで飽きがこない (ベッドで食べるのが最高)



IMG_2019007.JPG
だいすきなガラスシャンデリアが少なめだったホテルの天井も、この美しさ。見惚れてしまう



IMG_2019006.JPG

IMG_2019005.JPG
ホテルの中庭がとても素敵だったので、テラスからその色どりを眺望しながらお酒を何度も何度も。



IMG_2019004.JPG
バンコクでの足もとはフラットシューズ。ヒールの高いパンプスは、スタイルとしてもう履かないかも知れない



スパトラ・リバーハウスの「透明のトムヤムクン」、ONCE UPON A TIMEの「ココナッツトムヤムクン」。この二つを食する目的で、六年ぶりに一週間ほどタイランドはバンコックへ行ってまいりました
人生で十度目か十一度目かのバンコクでしたが、そこに広がってある景色はいつやって来ても何一つ変わらない気だるさと吹きつける熱波、そして稚拙な甘みを渇望させる街のオーラであり、ほんとうに独特な都市バンコクです






  Permalink | 2019⁄1⁄27 | 7:00 PM
Jan
03
二〇一九 亥

明けました、二〇一九年
新年おめでとうございます
皆様はどのような年初めをお過ごしですか。わたしは大好物であるおせちをたらふく頂きながら、ぼんやりとあなたのことを想っています
ここのところすっかり水中生活をおくっている模様のわたしではありますが、この年が皆様にとってご多幸であることを、そしてわたしにとって実り多き日々に成りますよう心より祈っております。
本年もどうぞよしなに


IMG_2019003.JPG


IMG_2019002.JPG


IMG_2019001.jpg


IMG_2019000.JPG









  Permalink | 2019⁄1⁄ 3 | 6:19 PM
TOP