Mar
13
途方もなく、夜が恋しい。





  Permalink | 2019⁄3⁄13 | 4:13 AM
Feb
12
続く。バンコク

IMG_2019021.JPG
バンコク滞在中に開催されていたBABを遊覧




IMG_2019019.JPG


IMG_2019018.JPG
ワットポーやアルンを尻目にチャオプラヤ川に揺られ、目的のスパトラ・リバーハウスで透明のトムヤムクンに舌鼓を打つ




IMG_2019017.JPG


IMG_2019016.JPG


IMG_2019015.JPG


IMG_2019014.JPG
滞在のあいだ、かなりの時間をかけてゴロついたホテルの中庭とプールハウス。快適



IMG_2019013.JPG
もっちもち、ぷりぷりの蓮つぼみ。わたしの感覚ではこの状態が一番に美しい





  Permalink | 2019⁄2⁄12 | 11:39 PM
Jan
27
六年ぶりのバンコクへ

IMG_2019012.JPG


IMG_2019011.JPG

IMG_2019010.JPG



IMG_2019009.JPG

IMG_2019008.JPG
滞在中、何度かいただいたルームサービスのガパオ。お上品なフレイバーで飽きがこない (ベッドで食べるのが最高)



IMG_2019007.JPG
だいすきなガラスシャンデリアが少なめだったホテルの天井も、この美しさ。見惚れてしまう



IMG_2019006.JPG

IMG_2019005.JPG
ホテルの中庭がとても素敵だったので、テラスからその色どりを眺望しながらお酒を何度も何度も。



IMG_2019004.JPG
バンコクでの足もとはフラットシューズ。ヒールの高いパンプスは、スタイルとしてもう履かないかも知れない



スパトラ・リバーハウスの「透明のトムヤムクン」、ONCE UPON A TIMEの「ココナッツトムヤムクン」。この二つを食する目的で、六年ぶりに一週間ほどタイランドはバンコックへ行ってまいりました
人生で十度目か十一度目かのバンコクでしたが、そこに広がってある景色はいつやって来ても何一つ変わらない気だるさと吹きつける熱波、そして稚拙な甘みを渇望させる街のオーラであり、ほんとうに独特な都市バンコクです






  Permalink | 2019⁄1⁄27 | 7:00 PM
Jan
03
二〇一九 亥

明けました、二〇一九年
新年おめでとうございます
皆様はどのような年初めをお過ごしですか。わたしは大好物であるおせちをたらふく頂きながら、ぼんやりとあなたのことを想っています
ここのところすっかり水中生活をおくっている模様のわたしではありますが、この年が皆様にとってご多幸であることを、そしてわたしにとって実り多き日々に成りますよう心より祈っております。
本年もどうぞよしなに


IMG_2019003.JPG


IMG_2019002.JPG


IMG_2019001.jpg


IMG_2019000.JPG









  Permalink | 2019⁄1⁄ 3 | 6:19 PM
TOP