Sep
18
SUMMER - Penang Malaysia

IMG_2019040.JPG


IMG_2019039.JPG


IMG_2019038.JPG


IMG_2019037.JPG


IMG_2019036.JPG


IMG_2019035.JPG


IMG_2019034.JPG


今夏、一度行ってみたかったマレーシアはペナン島へ行ってまいりました。なかでも以前シンガポールで滞在をして一息でとりこになった「ラッフルズシンガポール」を建てたサーキーズ兄弟がこちらも手がけたという「E&O」での宿泊が目的というのもあり、到着から離陸までの数日間は堪能につぐ堪能。E&O、濃厚な優雅に隅々までが満ち満ちておりました。美しさをごちそうさまです。残念ながら本館HERITAGE WINGの改装工事で一部閉鎖されているエリアがありましたが、それだって塩梅はとてもとてもよきもので、タイのプーケットやインドネシアのバリ島あたりのメジャーどころも素敵だけれど、読みさしの本を読んだり、ぼんやりと想いをめぐらせる場所として、素朴で静かなペナンは絶妙の妙の場でした
こうなったらサーキーズ兄弟が手をかけたホテル、東南アジアの制覇をしたいな。あとはミャンマーのヤンゴンとインドネシアのスラバヤなのね


IMG_2019033.JPG

IMG_2019032.JPG


IMG_2019031.JPG

IMG_2019030.JPG


IMG_2019029.JPG

東京の自宅にはなかなか取り込めないコロニアル様式ですが、スタイルとしては大好物。いつかなにかにこの感じをまぶしたい
そしてE&Oはやはり照明と絨毯のトーンが素晴らしいものだった



IMG_2019028.JPG


IMG_2019027.JPG


IMG_2019026.JPG
E&O周辺。アートの街ジョージタウン「GALA HOUSE」にて白昼のマルガリータを数杯頂戴しました。バンコクほどギラギラせず、シンガポールほど生真面目ではない印象のマレーシアペナン。わたしの内奥ではビースティの「Don't Play No Game That I Can't Win」が連綿と鳴りやまず、なぜかしらペナンはビースティがよく似合う






  2019⁄9⁄18 | 2:44 AM
TOP